【広島】旧市民球場跡地等が候補地となっていたサカスタ建設問題は「中央公園広場」案で決着/6年の戦いに幕。建設費は約190億



【広島のニュース】
── RCCラジオの番組「本名正憲のおはようラジオ」は7日、6年に渡って検討が続いてきた広島の新サッカースタジアム建設問題について、「中央公園広場」案に一本化することで一致したと報道。
6日、広島県の湯崎英彦知事、広島市の松井一實市長、Jリーグ・サンフレッチェ広島の久保允誉会長、広島商工会議所・深山英樹会頭のトップ会談により決まったもので、同じ中区の「旧市民球場跡地」、南区の「広島みなと公園」も候補地に挙がっていましたが、建設費やアクセス面から「中央公園広場」が最も適していると判断されました。

新スタジアムは3万人規模の収容で、概算での建設費は約190億円(ズムスタは約110億)。県や市の負担以外に国の交付金や企業からの寄付、ふるさと納税なども活用するということです。


【備考】
  • 2023年の完成、2024年春の開業を目指す

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

検索フォーム

最新記事

【カープ】ドラ6・玉村投手と育成2位・木下外野手に高山&尾形スカウトが指名挨拶/福井から広島に2人の新たな力 Oct 21, 2019
【カープ】船越・長井・庄司と来季契約結ばず/長井「いきなりのことだったので今後じっくり考えて決めたいと思います」 Oct 21, 2019
今週のカープ戦中継情報[秋季教育リーグ2019](10/21~10/27) Oct 21, 2019
【カープ】青木勇人3軍投手コーチが退団 Oct 21, 2019
【カープ】現役引退・退団選手の進路(2019年度版) Oct 21, 2019

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
3位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR