【プロ野球】卍ポーズでおなじみ敷田直人審判員がファインジャッジ賞を受賞



【プロ野球ニュース】
── 日本野球機構は14日、審判員の技術の向上を目的として優れた判定をたたえる「ファインジャッジ賞」を発表。

ファインジャッジ賞には、卍ポーズでおなじみ敷田審判員をはじめ、芦原審判員、山村審判員、橋本審判員による4つの判定が選ばれました。
敷田直人
巨人-DeNA(4月12日・東京ドーム)── 1回表、2死一、二塁、センター前ヒットでの本塁でのプレイで、アウトのタイミングと思われたが、最適な位置で見極めセーフの判定を下した。


橋本信治
中日-広島(4月22日・ナゴヤドーム)── 3回裏、無死一塁、打者・京田選手(中日)がバント、その際に京田選手の足が打者席を出ていたため、瞬時に規則を適用しアウトを宣告。


山村裕也
オリックス-西武(5月1日・京セラD大阪)── 6回裏、1死一塁、打者・若月選手(オリックス)が捕手と接触、瞬時に規則を適用しアウトを宣告。その後の走者の位置、場内放送による説明も全て1人でこなした。今シーズンより一軍での球審を割り当てられたが、素晴らしい対応だった。


芦原英智
阪神-ヤクルト(5月24日・甲子園)── 4回裏、2死走者無し、打者・糸井選手(阪神)が投手ゴロ、一塁へ走る際にファウルラインの内側を走り、投手からの送球に当たったため、規則を適用しアウトを宣告。場内放送による説明も分かりやすく、円滑に試合を再開した。


── SOURCE:「日本野球機構

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

最新記事

【カープ】今日のヒーローはサヨナラ打を放った鈴木誠也。坂倉にも氷水をかけられ…「あとでシバいときます」 Jul 21, 2019
【順位表】カープ、5月末の神宮以来となる同一カード3連勝(2019年7月21日) Jul 21, 2019
【カープ】緒方監督の談話「期待される中で期待に応えた鈴木誠也。投手陣も頑張った。野手陣もよく守った」 Jul 21, 2019
【試合結果】広島2-1巨人(21日・マツダ)/鈴木誠也のサヨナラタイムリーで決着 Jul 21, 2019
【カープ】7月21日は中田廉投手の誕生日。29歳へ(1990年生まれ)[写真集] Jul 21, 2019

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
4位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
2位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR