【特設記事】 日程表(カープ関連イベント等)[1軍][2軍] | チケット発売日情報 | 故障者情報 | 写真集・レポート一覧 | ドラフト2018 | 順位表 | 公示 | カープ関連特集・特番の放送予定 | 年齢・世代別選手表/誕生日一覧 |

【世界初】広島大学、フラッシュメモリ等の記録密度を1000倍以上向上させることが可能になったとする研究成果を発表

配信:2018年08月13日(月)10時48分 | カテゴリ:広島関連 | タグ:広島 , 速報 , 広島大学 ,


【広島のニュース】── 広島大学は7日、広島大学大学院理学研究科の西原禎文准教授、加藤智佐都博士(元大学院生)らの研究チームが、室温で強誘電性(メモリ効果)を示す分子の存在を世界で初めて突き止めたと発表。
今回の研究で実証されたのは、単分子であっても強誘電性を示す「単分子誘導体(Single Molecule Electret、SME)」の存在。

この研究から開発された「SME」をメモリーとして実装することで、市販されている不揮発性メモリー(フラッシュメモリ等)の記録密度を1000倍以上向上させることが可能となり、「SME」の特性は室温以上で観測されることから、実用化に適しているとのこと。

同研究成果は、独国学術雑誌「Angewandte Chemie International Edition」のオンライン版に公開されています。


── SOURCE:「広島大学
最近の記事