【特設記事】 日程表 [1軍] [2軍]| 今週の放送予定と予想先発 | 公示 | 故障者情報 | 放送予定(関連番組・特番) | カープ選手特集の一覧 | イベントレポート | 応援の旅(遠征記録) | 必勝祈願の旅 | 世代別選手一覧表&年齢別選手表 |

2007年までカープでプレーした岡上和典さん、現在は中学硬式野球のクラブチームで監督/廣瀬純さんと同期入団

配信:2016年12月27日(火)15時04分 | カテゴリ:広島東洋カープ | タグ:広島東洋カープ , carp , 特集 , 岡上和典 , 山内泰幸 ,


カープ関連特集】── テレビ新広島の番組「TSSみんなのテレビ」は9月26日、元広島・岡上和典さんが指導を行っている中学年代の硬式野球チーム「UNITED GROWS 広島」を紹介。
硬式野球チームを熱血応援!
ユナイテッド・グロウズ

廿日市市を拠点に活動しているのが中学年代の硬式野球チーム「UNITED GROWS 広島」





現在、中学1年生から3年生までの総勢34人が所属しています。





彼らが硬式野球を選んだ理由は…。





── プロ野球選手です。





── 中学校の頃から硬式をやっていたら、高校野球でも大丈夫かなと思って硬式野球にしました。





やはり目標はプロ野球選手。選手達は少しでも早く硬式ボールに慣れるためにクラブチームを選んでいるのです。





そんな彼らを指導しているのがこの方。





山内:お~ガミ!久しぶり!






岡上:お久しぶりです!






元・広島東洋カープの岡上和典さんです。





岡上さんは2000年にカープに入団。堅守俊足の内野手として活躍した選手で、私(山内)とも2年間一緒にプレーした球友です。





山内:指導のモットーとしているところは?


岡上
:プロを目指す子が多いので、その手助けになるように。





岡上
:基本練習に重点を置いてやっています。





一見、華やかに超えるプロ野球の世界も、キャンプでは基本練習を繰り返しています。





その為、岡上監督の指導は基本重視。





ボールを体の正面でしっかり捕球する練習や、バッティングでもミートを心掛けたティー打撃に時間を割いているのです。





岡上:中学から基礎を叩きこんで、高校に行って頑張ってもらうと。





岡上監督は、自身がプロで学んだ様々な経験を選手達に伝えています。その一つが体のケアの重要性。





岡上:僕は右ヒジをケガしました。2年間ボールが投げられなかったんです。





岡上:中学校で2年間というと、ほぼ野球ができずに終わってしまうので、ケガには気を付けています。





それぞれの目標に向かって努力を続ける「UNITED GROWS」の選手達。





そんなひたむきな姿に私が感じたブラボーがこちら。





山内:「土台づくり!」です。





山内:将来の夢はプロ野球選手とか、甲子園に出たいとか、そういう夢はあると思うんですけど、そうすると目先の一勝にこだわるのではなく、土台をしっかり作ることによって応用がしっかりできるような選手になれる、そんなクラブチームでした。





── テレビ新広島「TSSみんなのテレビ」(9月26日放送)より「安芸の者がゆく」が文字起こし及び意訳・一部抜粋


特集一覧
ブログ村
関連記事
ブログロール
最近の記事
QRコード
QR