【特設記事】| 試合結果・今後の日程・予想先発・中継予定 | 2軍情報 | 公示 | 故障者情報 | 放送予定(関連番組・特番) | カープ選手特集の一覧 | イベントレポート | 応援の旅(遠征記録) | 必勝祈願の旅 | 世代別選手一覧表&年齢別選手表 |

【カープ】黒田と新井の「最後になってもいい」という強い覚悟がチームを優勝に導く[POWERフレーズ]

配信:2016年12月04日(日)19時44分 | カテゴリ:広島東洋カープ | タグ:広島東洋カープ , carp , 新井貴浩 , 黒田博樹 ,


カープ選手特集】── 日本テレビの番組「POWERフレーズ」は4日、カープ・新井貴浩選手を支えた言葉を紹介。
共に戦った黒田博樹からの言葉
野球・新井貴浩

アスリートをオンリーワンへ導く、支える言葉「POWERフレーズ」





今夜はリーグ優勝の立役者、広島東洋カープ・新井貴浩選手。





今年、広島が25年ぶりに優勝。その原動力となったのは4番を務めた新井貴浩選手。





その活躍を支えたのは、シーズンの初めに黒田博樹投手からかけられた言葉。それが「POWERフレーズ」





最後になってもいい





新井:「今年で最後になってもいいと思ってやるから、お前も一緒やるぞ」と言われましたね。





新井:黒田さんらしいなと思いましたし、自分もそう思って今年1年やろうと強く思いました。





今年で最後になってもいい。強い覚悟でシーズンに挑みました。





すると新井選手は通算2000本安打を達成。黒田投手と共にチームをけん引する大活躍を見せました。





二人のベテランの思いはチームを一つにし、広島に25年ぶりの歓喜をもたらしたのです。





強い覚悟が広島を優勝に導きました。




── 日本テレビ「POWERフレーズ」(4日放送)より「安芸の者がゆく」が文字起こし及び意訳・一部抜粋
前編後編
ブログ村
関連記事
ブログロール
最近の記事
QRコード
QR