【特設記事】 カープ関連番組の放送予定 | 今後のカープ関連イベント | カープ関連イベントのリポート | カープ応援の旅(遠征記録) | カープ球団が「アマゾン」で優勝記念グッズの販売を開始 | 契約更改 | 自主トレ情報まとめ | カープ球団の設備投資・寄付金まとめ | 現役引退 及び 退団選手の進路 |

【カープ】圧倒的に少ないチャンスの中で結果を残し続けた西川龍馬/1年目からファンに強烈な印象を残す

配信:2016年11月17日(木)23時30分 | カテゴリ:広島東洋カープ | タグ:広島東洋カープ , carp , 特集 , 西川龍馬 ,


カープ選手特集】── 広島テレビの番組「テレビ派」は17日、飛躍を期す若鯉・西川龍馬選手の特集を放送。
来季こそレギュラーへ!
飛躍期す若鯉・西川龍馬

1年目を振り返り

西川:自分の中で、ある程度打って、ある程度は結果を残せたのかなとは思います。





社会人を経て、ドラフト5位でカープに入団した西川龍馬。





キャンプ、オープン戦で結果を残して開幕一軍をつかみとると、プロ初打席でファンに鮮烈な印象を残します。






右中間を破る3ベースヒット。プロ野球選手としての第一歩を踏み出しました。





西川:1打席目で、しっかりヒットを打てたというのも自信になったので良かったです。






5月以降は1軍に定着し、1度も登録抹消されなかった西川。





数少ないチャンスにも関わらず、持ち味である積極性をアピールしていきました。全58打席中、初球から勝負していったのは13打席。





さらに初球を打った打席では、打率.417と驚異的な数字を残しています。





西川:怖さはなかったですね。追い込まれたら自分が不利になってしまうので、ある程度は早めに自分から仕掛けていかないとと思って、来た球をシンプルに打ち返すことだけを考えてやっていました。





特にその積極性が色濃くあらわれた打席があります。

日本シリーズ第6戦、ルーキーイヤーに経験できた大舞台でも、ファーストストライクから打ちに行きました。





西川:1本は打ちたいと思っていました。あの時もファーストストライクを打ってライト前ヒットだったので、自分らしさが出せたのではないかなと思います。




西川:すごく良い経験をさせてもらって、来シーズンもあの打席のように積極的にいけたらいいなと思います。



多くの経験と手応えを得た今シーズン。しかし、プロのレベルを痛感した部分もあります。秋季キャンプでは確実性を高めようと、打撃練習に多くの時間を割いています。



西川:体を一回り大きくして、技術面もさらにレベルアップして、春のキャンプから万全な状態で入れるようにしっかり準備していきたいと思います。



リーグ優勝という歓喜を経験させてもらったからこそ、レギュラーへの思いが強くなったという西川。今度は自らの活躍で優勝を引き寄せるために、野球漬けの日々の中でさらなるレベルアップを誓います。





西川:シーズン通してレギュラーとして出て、リーグ優勝をして、日本一になれたらいいなと思います。




── 広島テレビ「テレビ派」(17日放送)より「安芸の者がゆく」が文字起こし及び意訳・一部抜粋
ブログ村
関連記事
最近の記事
QRコード
QR