【特設記事】 カープ関連番組の放送予定 | 今後のカープ関連イベント | カープ関連イベントのリポート | カープ応援の旅(遠征記録) | カープ球団が「アマゾン」で優勝記念グッズの販売を開始 | 契約更改 | 自主トレ情報まとめ | カープ球団の設備投資・寄付金まとめ | 現役引退 及び 退団選手の進路 |

【カープ】岡田「石原さんがアバウトにミットを構えてくれる」→自慢の腕の振りを取り戻す

配信:2016年07月07日(木)23時23分 | カテゴリ:広島東洋カープ | タグ:広島東洋カープ , carp , 岡田明丈 ,

【カープ選手特集】
── RCCテレビの番組「RCCニュース6」は5日、岡田明丈投手の特集を放送。
プロ初勝利の岡田投手
さらなる進化へ!

即戦力として評価を高めてきた岡田投手にとって、忘れられないマウンドがあります。




プロ2試合目となるヤクルト戦で四球を連発し、わずか1/3イニングでノックアウトされました。




岡田
:あの状態では、あの結果も当然というか、気持ちが先走って体が動いてくれないという状態だったので。





持ち味の腕の振りが変ってしまった原因は、精神面にあったようです。復調のきっかけの一つは2軍で中継ぎを任されたことでした。




岡田投手は「プロとして気持ちのコントロールを身に付けることが出来た」といいます。

── どのようにしてそのあたりを修正したんですか?

岡田:2軍で中継ぎを経験させてもらって、回の最初から自分の球を全力で投げれるようにやってきました。




岡田:そのおかげで先発に戻っても1イニング1イニングをしっかり投げられるようになったのかなと。




1軍に復帰した5月以降、自慢の腕の振りを取り戻した岡田投手。復調の要因の一つには捕手の工夫もあります。

石原捕手はミットをコーナーに構えるのではなく、真ん中付近に構えることで、球の強さと大胆さを引き出そうとしたのです。




岡田:石原さんがアバウトにミットを構えてくれて。(ヤクルト戦で)3連続の四球を出した時はコースを狙いすぎていました。




岡田:今は球が強いということで、真ん中付近のコースでも勝負できています。




そして、岡田投手は次のステージへ。

初勝利をマークした阪神戦では、立ち上がりに打者・西岡を迎えたところで、石原はミットの構えをインサイドに寄せました。

 



大胆さに加えて繊細な一球。背番号「17」は無限の可能性を秘めています。




── 週に1回、ローテが回ってくる中で、やり甲斐というのはいかがでしょう。

岡田
:毎試合やり甲斐を感じて投げています。




岡田
:毎回三者凡退に抑えられるように、ストライク先行で打者と勝負した上で、結果を出せれば良いかなと思っています。



── RCCテレビ「RCCニュース6」(5日放送)より「安芸の者がゆく」が文字起こし及び意訳・一部抜粋
ブログ村
関連記事
最近の記事
QRコード
QR