【特設記事】 カープ関連番組の放送予定 | 今後のカープ関連イベント | カープ関連イベントのリポート | カープ応援の旅(遠征記録) | カープ球団が「アマゾン」で優勝記念グッズの販売を開始 | 契約更改 | ハワイ優勝旅行/参加選手一覧 | 自主トレ情報まとめ | カープ球団の設備投資・寄付金まとめ | 現役引退 及び 退団選手の進路 |

【カープ】野村祐輔、投手プレートの一塁側を踏むことで余裕を持って右打者のインを突けるようになる

配信:2016年06月13日(月)19時30分 | カテゴリ:広島東洋カープ | タグ:広島東洋カープ , carp , 野村祐輔 , 北別府学 ,

【カープ関連特集】
── 北別府学さんが13日、広島ホームテレビの番組「HOME Jステーション第2部」に生出演し、野村祐輔投手が好調な要因について解説。

── 広島ホームテレビ「HOME Jステーション第2部」(13日放送)より
野村を変えた60cm
プレートを踏む位置に注目!!

── 7勝目を挙げた野村祐輔投手。その好調の要因について北別府さんはどのように考えておられますか?

北別府:昨年と違い、ストレートのキレというものが戻ってきましたね。




北別府:キレが戻ったことにより、少々コースが甘くても大丈夫ですし、球に勢いがありますから、ファールで逃れられることで、ストライクが先行して有利に戦えていますね。




投球フォームを比較


── 昨年は5勝に終わった野村投手ですが、今年は何が変わったのかということで、投球フォームを比べてみました。

北別府:静止した時のグラブの位置が違いますね。腕の振り方もテイクバックがかなり大きいです。しっかり腕が振れることによって、球の勢いが増しています。




北別府:昨年は腕の振り方が早くて、腕の高さも低く横振り。今年は縦振りになったことにより勢いが増しています。





プレートの位置


── もう一つ、プレートの位置に注目して頂きたいんですが、去年は三塁側を踏んでいたんですが、今年は一塁側を踏んでいるんですね。わずかな違い「60.96cm」ですが。




北別府:外国人投手は一塁側を踏む選手が多いんです。僕らは三塁側を踏んでいたんですけども。

北別府:三塁側を踏むと打者としては角度があって見えにくいんですけど、投手としては懐を狭く感じてインサイドを投げ辛いんですね。

北別府:一塁側を踏むことによって、懐の狭さに違和感がないですから、野村としてはインサイドに投げやすくなるということだと思うんですね。

北別府:それだけ一塁側を踏んで投げる場合は、内にも外にも投げないといけないんですけど、今年はストレートが良いですから、インサイドもキレてきているということですね。





── ちなみに北別府さんはどちら側を踏んでいたんですか?

北別府:私は三塁側を踏んでいました。


── 広島ホームテレビ「HOME Jステーション第2部」(13日放送)より「安芸の者がゆく」が文字起こし及び意訳・一部抜粋
ブログ村
関連記事
最近の記事
QRコード
QR