【特設記事】 カープ関連番組の放送予定 | 今後のカープ関連イベント | カープ関連イベントのリポート | カープ応援の旅(遠征記録) | カープ球団が「アマゾン」で優勝記念グッズの販売を開始 | 契約更改 | 自主トレ情報まとめ | カープ球団の設備投資・寄付金まとめ | 現役引退 及び 退団選手の進路 |

【カープ】石原「リードに正解はない」/ジョンソン完封に見る多種多様リードの真髄

配信:2016年06月06日(月)22時23分 | カテゴリ:広島東洋カープ | タグ:広島東洋カープ , carp , 石原慶幸 ,

【カープ選手特集】
── RCCテレビの番組「RCCニュース6」は6日、石原慶幸選手の特集を放送。
ジョンソン完封に見る
石原 多種多様リードの真髄

カープの投手陣を絶妙なリードで支え、ジョンソンの今季初完封をアシストしたのが、15年目の石原慶幸捕手です。




投手リードの信条は?





石原:僕の中ではテンポを大事にしています。




石原
:捕手がテンポよくすれば、自然と投手のテンポもよくなると僕は思っていますし、逆にピンチの時には間をとるようにしています。





良い球種の把握方法は?


石原
:実際に試合で投げないと、試合前のブルペンだけでは良いボールの見分けは難しいです。その間に点を取られることもありますし。




石原:良いボールが分からない時に最少失点で防げば、投手も自然と投球リズムが出てくると思うので。




石原
:日々勉強です。




神宮では「意固地になった」というリードで3失点も、マツダではきっちり抑える


石原:リードに正解というのはないと思うんですね。




石原:結局打たれたら「ダメだった」という風になりますし、抑えたら「良かった」という風になるので。

石原:ただ、その中で打者を抑える確率の高い球種であったり、攻め方が出来ればと思っていつもやっています。




ジョンソンを完封に導いたリード


石原:当日のジョンソンはしっかり投げ切れていたので、山田に対して力勝負というか、思いっ切り投げてほしいというリードでした。

石原:もちろんリードとかも大切だとは思いますけど、求めたコースに投げてくれる投手が本当にすごいと思いますし、投げてくれている投手に一重に感謝しています。




石原:その中で捕手が手助け出来ればいいですね。




捕手のやりがいは?





石原:終わった瞬間ですね。勝てれば嬉しいですし、1-0でも、10-9でも勝ちは勝ちなのでね。




石原:反省する所はして、次に生かせられればいいなと思います。


── RCCテレビ「RCCニュース6」(6日放送)より「安芸の者がゆく」が文字起こし及び意訳・一部抜粋
ブログ村
関連記事
最近の記事
QRコード
QR