【特設記事】 日程表[11月12月 ]| 放送予定ファン感謝デー優勝パレード] | 契約更改 | ドラフト2017~交渉権を獲得した選手 | 今年最も話題を集めた選手 | 公示 | 故障者情報 | カープ選手特集の一覧 | イベントレポート | 応援の旅(遠征記録) | 必勝祈願の旅 | 世代別選手一覧表&年齢別選手表 |

【カープ】日本人が沖縄に行くのに困難だった時代、沖縄の星・安仁屋を日系アメリカ人の平山外野手がスカウト(前編)

配信:2015年07月10日(金)16時37分 | カテゴリ:広島東洋カープ | タグ:広島東洋カープ , carp , 特集 , フィーバー平山 , 平山智 , 安仁屋宗八 ,

【カープ関連特集】── 広島ホームテレビの番組「鯉のはなシアター」は先月25日、「戦後70年 2つの"復興"に生きた沖縄の星」と題した特集を放送。
戦後70年
2つの”復興”に生きた沖縄の星

(Page:1

70年前の6月、20万人以上の尊い命が失われた沖縄戦が終結。




その凄惨な時代、沖縄の地で生を受けた一人のカープ選手がいた。




安仁屋宗八




今夜は、戦場と化した島から、原爆の焦土と化した街へ。”復興魂”を宿した2つの県民の心を振るわせた男の鯉の話である。




1962年8月、沖縄の人々は一際熱い夏を過ごしていた。




沖縄の高校として初めて実力で甲子園に出場する快挙、そのチームのエースが安仁屋だった。




さらに翌年、安仁屋は沖縄人として初めて都市対抗野球に出場。荒削りながらスリークォーターからの威力あるストレート、カーブ、スライダーに魅せられた各球団のスカウトは色めきたった。




世はドラフト制度導入前。いち早い入団交渉が獲得の鍵であった。




しかし、安仁屋がいるのはアメリカの統治下にあった沖縄。




当時は渡航ビザがないと沖縄には入れず、ビザの取得にも時間がかかった。




沖縄と本土、思わぬ国境を挟んでの安仁屋争奪戦。




その戦いに勝ったのは、資金も知名度も無いカープだった。




当時のカープには、「フィーバー平山」の愛称で親しまれた日系アメリカ人の外野手・平山智が在籍。パスポートを持つ平山が球団の命を受けて沖縄に飛び、他球団に先駆けて交渉。安仁屋からの合意を引き出したのであった。




当時の事を現在はアメリカで暮らす平山はこう振り返る。




平山さん:日本人はパスポートをもらうのに時間がかかったんですよ。だからそういう意味で「(沖縄に)行ってくれないか」と言われて。

 


平山さん:(入団交渉は)「両親と一杯飲みに行こうか」と。

平山さん:それしか知らないもの。僕は日本で教えてもらったのは飲みに行く事だけですよ。




平山さん:安仁屋のお父さん、お母さんは本当に良くしてくれたからね。沖縄の人達も「カープの平山」って言ってね。「安仁屋獲りに来た」と皆仲良くしてくれた。




そして安仁屋は…。




安仁屋:全くプロというのはね。考えたことなかったですよ。野球選手はテレビ、雑誌、メンコで見るぐらい。巨人戦しか野球中継の放送がなかったんです。




安仁屋:だから巨人戦中心で見ますからね、巨人しか知らなかったですから。(もし巨人からスカウトがあれば)飛んでいったかもしれません(笑)




安仁屋:たまたまカープの平山さんがスカウトしてくれて、平山さんじゃなかったらプロに入ってるか分からないし。





1964年、沖縄出身者として初めてプロ野球選手が誕生。しかし、「日本への返還を目指す沖縄の出身」という話題ばかりが先行。




さらに広島の気候に馴染めず、入団直後には寒さの為に右手中指に血行障害も起こした。




19歳の青年に迫る重圧と焦り。しかし、安仁屋は並の選手ではなかった。


── 広島ホームテレビ「鯉のはなシアター」(6月25日放送)より「安芸の者がゆく」が文字起こし及び意訳・一部抜粋
前編後編
ブログ村
関連記事
ブログロール
最近の記事
QRコード
QR