【特設記事】| 今日のスタメン・出来事・試合結果・今後の試合予定 | カープ関連番組の放送予定 | 今後のカープ関連イベント | 【特集一覧】カープ選手別リスト | カープ関連イベントのリポート | カープ応援の旅(遠征記録) | カープ必勝祈願の旅 | 故障者情報 | 世代別選手一覧表&年齢別選手表 |

ルイスやジョンソンをカープに連れてきたシュールストロム、その深きカープ愛

配信:2015年04月24日(金)15時33分 | カテゴリ:広島東洋カープ | タグ:広島東洋カープ , エリック・シュールストロム ,

【カープ関連特集】
── 広島ホームテレビの番組「鯉のはなシアター」は23日、コルビー・ルイス投手やクリス・ジョンソン投手を発掘した名スカウト、エリック・シュールストロムさんの特集を放送。

── 広島ホームテレビ「鯉のはなシアター」(23日放送)より
赤き魂を宿した
青い目のサムライ

(1/3)

名スカウトなくして、名選手なし。




優勝を狙えるチーム力。その影には、選手をチームに導いたスカウト陣のあくなき日々がある。




その中に全米を歩き回り、あらたな戦力を見出さんとしている男がいる。元広島カープ、エリック・シュールストロム。




全国紙で「12球団きっての名スカウト」と称され、記憶と記録に残る外国人選手を送り込み続ける、その手腕。そこには知られざる、人間・シュールストロムの深きカープ愛が息づいていた。




シュールストロムがスカウトした選手


コルビー・ルイス、ラロッカ、べイル、ミコライオ、サファテなど




世間がミレニアムに湧いた2000年。5年前までメジャーリーガーとして活躍していたシュールストロムは、バーテンダーのバイトで食いつなぐ生活を余儀なくされていた。




新天地を求め日本ハムに入団するも、肩を痛めて退団。




バイトをしながら1年間リハビリを続けていたが、心の底では野球人生の終わりを覚悟していた。




そんな時、手を差し伸べた球団。それは15歳の時にリトルリーグの遠征で訪れた街、広島だった。




シュール:思いがけないチャンスをもらいました。日本を訪れた時はまだ15歳だったので、日本の全てを理解していたとは思いません。ただ、初めて訪れた国ではなかったですし、大好きだったので、入団テストで行けることになった時は興奮しました。




カープの一員となったシュールストロムはクローザーとして活躍。しかし…。


── 広島ホームテレビ「鯉のはなシアター」(23日放送)より「安芸の者がゆく」が文字起こし及び意訳・一部抜粋
123
ブログ村
関連記事
最近の記事
QRコード
QR