【特設記事】 カープ戦中継の放送予定と試合日程[1軍][2軍] | ドラフト2018 | 写真集・レポート一覧 | カープ関連特集・特番の放送予定 | 関連チケット発売日 | 順位表 | 公示 | 遠征記録 | 故障者情報 | カープ選手特集の一覧 | 現役引退・退団選手の進路 | 世代別選手一覧表 |

丸「由宇で鍛えたあの時間があったからこそ今がある」金本氏「僕も通ってた」=プロ野球・広島 [2014.08.06]

配信:2014年08月06日(水)22時49分 | カテゴリ:広島東洋カープ | タグ:丸佳浩 , 金本知憲 ,
2699.jpg

日本テレビの野球中継「プロ野球 Dramatic Game 1844」では3日、由宇練習場についての丸選手らのエピソードを紹介。丸選手は「由宇で鍛えたあの時間があったからこそ今がある」と語りました。

── 日本テレビ「プロ野球 Dramatic Game 1844」(3日放送)より


田辺アナ:巨人の川相ヘッドコーチが2010年に引退しまして、中日の2軍監督をされていた時、ウエスタン・リーグの試合で山口県の岩国市にある由宇練習場を訪れて非常に衝撃を受けたということで。

田辺アナ:周りに何もないところに野球場があって100%野球に集中できる環境、「ここでやれば野球は必ず上手くなる。そう感じた」と話をされていました。

金本氏:やってる方は大変でしたけどね。

田辺アナ:金本さんも入団当初、2年目、3年目あたりに?

金本氏:由宇に通ってましたね。とにかく暑くて何もないんですよ。


田辺アナ:当時の川相2軍監督は、3年目の丸が由宇練習場で練習、そして試合に取り組む姿勢を見て「この選手は必ず大成すると感じた」と話していました。

宮脇アナ:田辺さん、その丸も「由宇で鍛えたあの時間があったからこそ今がある」と話しているんですね。

宮脇アナ:由宇球場はファールグラウンドが広い球場でして、外野の守備をしていても送球に対するカバーリングの必要性、ランナーで出た時は次の塁を狙う姿勢、それを身につけることができたと話しています。

宮脇アナ:ただ、本当に練習がキツくて「あの場所には帰りたくない」と話していますね。

田辺アナ:金本さん、そういった球場が広いということもあって、特にファールグラウンド。走塁の意識と守備のカバーリングの意識、それが身につくということなんですね。

金本氏:意識付けとしてね。本当にファールゾーンがめちゃくちゃ広いんですよね。だから牽制も悪送球すると必ず2つの塁を取られてしまう。ランナー2塁でパスボールも転がり方によってはホームを取られてしまう。

金本氏:ランナーとしては常に2つ狙うのが当たり前。守っている方はカバーリングをきっちりしないと相手に2つ行かれてしまうということが起こってしまう。

金本氏:そういう事を丸は若いうちに意識付けができたと言いたいんじゃないですかね。



宮脇アナ:最近ではカープ女子という言葉もありますが、2軍の由宇練習場は土日になると球場の駐車場に収まりきらないぐらい、たくさんのファンが見に来ているんですね。ファームの選手から見に行くというのもカープファンの一つの気持ちでもありますね。

田辺アナ:そうなんですね。広島からは1時間半近くかかるでしょうか。

金本氏:市内からはそれぐらいかかりますかね。

田辺アナ:山を切り開いて作られた球場で、一切日陰がないとも聞いた事があります。


── 日本テレビ「プロ野球 Dramatic Game 1844」(3日放送)より
最近の記事