【特設記事】 日程表(カープ関連イベント等)[1軍][2軍] | カープ関連特集・特番の放送予定 | 写真集・レポート一覧 | 関連チケット発売日 | ドラフト2018 | 順位表 | 公示 | 遠征記録 | 故障者情報 | カープ選手特集の一覧 | 現役引退・退団選手の進路 | 世代別選手一覧表 |

大瀬良大地投手と大野豊氏が対談

配信:2014年06月02日(月)11時46分 | カテゴリ:広島東洋カープ | タグ:広島東洋カープ , 大瀬良大地 , 大野豊 ,

【カープ/対談】── NHK総合のスポーツニュース番組「サンデースポーツ」は1日、大瀬良大地投手と大野豊さんの対談を放送。

── NHK総合「サンデースポーツ」(1日放送)より
ルーキー・大瀬良大地
×先輩・
大野豊

対談前

大野:親子、それ以上年の差が違いますからね。聞く方は緊張しますよ。


大瀬良登場

大瀬良:失礼します。よろしくお願いします。

大野:はい!お疲れさん。よろしく!

大野:しっかり! 話を! してください!


大瀬良:はい(笑)


大野:開幕から2ヶ月、これまでの活躍を振り返ってみてどうですか?


大瀬良:うまくいきすぎているんじゃないかなってぐらい、うまくいってたかなと。

大瀬良:すごく自分らしく、自分のリズムで投げれてるところで、なんとかうまくいってるのかなと思います。



大瀬良投手の持ち味はなんといってもストレート。伸びのある140キロ台後半のボールを投げ込みます。そのストレートの秘密が右手にありました。親指に出来ていたのは大きなタコです。




大野:これはすごいです。この親指をですね、普通こういう感じで支えるんですけど。




大野:たぶん大瀬良投手は投げる時に、相当この(親指の)関節をしっかり密着させて投げてるわけですよね。




大野:それによってバランスよく、しっかりボールにスピンがかかる。そういうのが150キロのストレートを生んでるんじゃないかと思うんですけど。でも、相当なタコですね。これねぇ。これ痛くないですか?


大瀬良:痛くは無いです。

大野:逆に出来すぎてボールがすべるということは?(タコを押しまくる大野さん)

大瀬良:結構ひどい時はもっと大きくなるんで。削ったりして。

大野:手入れをしないといけませんよねぇ。本当にすごい!このタコは。




強気

すごいのはタコだけではありません。大野さんが高く評価しているのが、ピンチの場面での強気の投球です。初登板からの5試合、得点圏にランナーを背負った場面では、26人の打者に対してヒットを1本も許しませんでした。

大野:ランナーがいても自分のスタイルを崩さないで、しっかりバッターに向かっていく強い気持ちというのが感じられるんですよ。

大瀬良:そうですね。僕はどっちかというと気持ちで投げるタイプの投手なんで、気持ちが弱気になってしまったらダメなんで、強気で攻めるピッチングという気持ちは常に持ってます。

大瀬良:もともとあんまりこう、表情には出さないような投手だったんですけど、高校・大学とチームの柱という形で投げさせてもらってる時に「しゅんとした顔」をしたりとかしてると、チーム全体に影響を与えちゃうかなというのもあって。

大瀬良
:どんな時でも気持ちを「おらっ」って出して、そういうことでチーム全体が活気づいてくれればいいなっていう思いが芽生えて、それからは自然とそういう風な形でなっていきました。




炎のストッパー

学生時代から求めてきた気持ちを前面に出すピッチング。目標とするのは広島の同じ背番号14を背負っていた投手。32歳の若さで亡くなった津田恒実さんです。ストレートで真っ向勝負を挑む姿から「炎のストッパー」と呼ばれ、大野さんと共に広島の黄金期を支えました。


大瀬良:まっすぐで気持ちをこめて投げている姿というのは、すごいと思ったし、かっこいいなと思って。マウンドに立つ姿を目にやきつけて、こういう投手になりたいと思いながら見てました。

大野:津田投手とも私は現役時代に一緒にやりました。日ごろはひょうきんで、誰からも愛される笑顔の耐えない男。ただ、ゲームになればスイッチの切り替えがすごくできて、マウンドでの闘争心、躍動感、非常に感じたんですよね。

大野:それを見て大瀬良投手のスタイル、すごい自分の中で(津田投手と)ダブるところがあるんですよ。良い投手を手本にプロに入れたなと感じてます。


津田さんのような強気のピッチングを追い求めて、大瀬良投手はプロの世界で戦う決意です。

大瀬良:今までと変わらず気持ちを出して投げていくピッチャーで、ずっとありたいと思っていて、いずれはチームを代表するような、日本を代表するようなピッチャーになりたいなと思ってます。




大野:俺から言ったら、今のピッチングでも素晴らしいけど、まだできるピッチャーだと思ってる。より一層、気持ちと自信を持って投げてください。がんばって!


── NHK総合「サンデースポーツ」(1日放送)より
最近の記事