【特設記事】 日程表(カープ関連イベント等)[1軍][2軍] | カープ関連特集・特番の放送予定 | 写真集・レポート一覧 | 関連チケット発売日 | ドラフト2018 | 順位表 | 公示 | 遠征記録 | 故障者情報 | カープ選手特集の一覧 | 現役引退・退団選手の進路 | 世代別選手一覧表 |

野村謙二郎監督の談話「満塁の場面が全てだった」=プロ野球・広島 [2014.05.28]

配信:2014年05月28日(水)22時06分 | カテゴリ:監督談話 | タグ:監督談話 ,
【交流戦】 広島5-6ロッテ(マツダ・28日)── ロッテ戦終了時の野村謙二郎監督の談話。リポートはRCC(中国放送)の坂上俊次アナウンサー。
  • 野村謙二郎監督の談話

野村:ポイントとすると7回裏から8回表への流れ。7回裏のノーアウトランナー満塁で、流れから行くと満塁で点が取れなかった。それを我々(首脳陣)が思う以上に後ろの投手というのは考えて、守りに行って投げるんだろうな。

── 中継ぎ陣、永川の失点が続きますが


野村
:この中でやっていくしかないし、永川を信じてやっている。

野村:満塁の場面が全てだった。勝てたところが勝てなかった。


── RCCラジオ「プロ野球セ・パ交流戦~マツダ 広島×ロッテ 解説・佐々岡真司」(28日放送)より
最近の記事