【特設記事】 カープ戦中継の放送予定と試合日程[1軍][2軍] | 関連チケット発売日 | 順位表 | 公示 | 写真集・レポート一覧 | 遠征記録 | カープ関連特集・特番の放送予定 | 故障者情報 | カープ選手特集の一覧 | 現役引退・退団選手の進路 | ドラフト2017~交渉権を獲得した選手 | 契約更改 | 世代別選手一覧表 |

一岡竜司投手が堂珍嘉邦さんから贈られた言葉「恥をかけ」=プロ野球・広島 [2014.04.13]

配信:2014年04月13日(日)20時06分 | カテゴリ:広島東洋カープ | タグ:一岡竜司 , 堂珍嘉邦 ,
1958_01.jpg

巨人から人的補償で加入しました一岡投手。今や勝利の方程式を担っています。カープにきておよそ4ヶ月、心は既にカープ色に染まっています。(コーナー冒頭の原文ママ)

── 広島ホームテレビ「勝ちグセ。サンデー『恋すぽ』」(13日放送)より
  • 一岡竜司・カープで輝くために

一岡:充実感は毎日あります。カープに来て、こんなに競った場面で投げさせてもらって、緊張感もあるんですけど、本当に毎日楽しめています。

1958_02.jpg


昨日まで13試合で9勝4敗。開幕ダッシュに成功した野村カープ。中でもリーグトップの防御率を誇る投手陣において、なくてはならない男・一岡竜司。

1958_03.jpg


山内泰幸投手コーチ:緊迫した場面で出てもらっているので、非常によくやってくれてると思います。新しい風を投手陣全体に吹き込んでくれた。

1958_04.jpg


和田一浩選手(中日):今まで(カープに)いないタイプの投手なので、ちょっと難しくなると感じています。


1958_05.jpg


一岡投手の主戦場はセットアッパー。ゲーム終盤に緊迫した場面でマウンドに上がり勝利への道筋を立てる。そんな重責を担い、ここまで7試合に登板し、防御率は0.00。その躍進を支えているものとは。

1958_06.jpg


一岡:巨人時代に投げていなかったボールをずっと投げてて…「速いフォーク」なんですけど。

左がこれまで投げていた遅いフォーク。ボールを深く握りこんでいる。一方、右が新たに取り入れた速いフォーク。握りは浅く、カウントや打者によっては縫い目にかけることもあるという。

1958_07.jpg 


  • 二つの異なるフォーク

一岡:巨人時代はフォークが緩くて、チェンジアップ気味になり簡単に見逃されて打者が振ってくれなかったんですけど、速いフォークだとスイングしてくれるので、打者からしたら嫌なのかなと。嫌になってくれたらいいなと。

1958_08.jpg


4月8日の東京ドーム。去年まで在籍していた巨人との初対戦。

1958_09.jpg


── マウンドに上がる際は、巨人ファンからも大きな声援が飛んでましたけれども。

一岡:自分が声援どころじゃない気持ちだったので、キャッチャーミットしか見てなかったです。


緊張していたと言いながらも、坂本を見逃し三振に切って取ると、続く同級生の橋本には新たな武器「高速フォーク」。

一岡:カープの選手として必死に投げた普通の19球だったんですけど、どうしても力んでしまった19球でした。あの試合はどうしてもヒット1本も打たれたくなかったんで…。

古巣相手に見せた成長の証。今まさに花開こうとする23歳は、ある言葉を胸にマウンドに上がっている。


  • 恥をかけっ!!

一岡:「恥をかけっ!!」。CHEMISTRYの堂珍さんが書いてくれました。

1958_10.jpg


一岡:堂珍さんが始球式をされる試合で、自分が堂珍さんの大ファンだったので、何かひと言書いてくださいとお願いしたら「恥をかけ」という言葉を書いてもらいました。

1958_11.jpg

アーティストの堂珍嘉邦さんが、ソロ活動を始める際に贈られたという言葉。それは新天地での飛躍を誓う一岡投手の心にも強く通じるものだった。

一岡:必死に投げて打たれた時は仕方ないではないですけど、そういう時は「恥をかけ」という気持ちで毎試合全力で1球1球投げられたらいいなと思います。

一岡:シーズン通して1軍で活躍できたら帽子の文字も消えていると思うので、また来年も新しい帽子に新しい言葉を書いてもらえたらいいと思って。

── 終

1958.jpg

── 広島ホームテレビ「勝ちグセ。サンデー『恋すぽ』」(13日放送)より
最近の記事