【特設記事】 日程表(カープ関連イベント等)[1軍][2軍] | カープ関連特集・特番の放送予定 | 写真集・レポート一覧 | 関連チケット発売日 | ドラフト2018 | 順位表 | 公示 | 遠征記録 | 故障者情報 | カープ選手特集の一覧 | 現役引退・退団選手の進路 | 世代別選手一覧表 |

【日南秋季キャンプ】堂林、セカンドも練習

配信:2018年11月12日(月)22時36分 | カテゴリ:広島東洋カープ | タグ:広島東洋カープ , 速報 , 日南秋季キャンプ(2018) ,


【カープ関連ニュース】
── 広島ホームテレビの番組「みみよりライブ 5up!」は12日、カープの日南秋季キャンプの模様を報道。
日南秋季キャンプ始まる


下水流:来年に向けてしっかり良い準備が出来ればと思います。







曽根:バッティングですね。(課題は)全体です。






野間:短い時間ですけど、少しでも何かを掴んでオフに入れるように頑張りたいと思います。






来シーズンに向け、とても重要な期間となる秋季キャンプ。今年はチームが日本シリーズに進出したため、例年より約10日遅れで始まりましたが、若手を中心に総勢27名の選手が初日からさらなるレベルアップを目指して練習に臨んでいました。






そして、例年にも増して現有戦力からの底上げを意識しているのが緒方監督。

緒方監督:チャンスは自分で掴むもの。「競争の中で掴み取ってくれ」と。その意識だけです。チーム全体として競争意識の中で、高いレベルで野球が出来ると思うので、そういった意識のもと、選手達には頑張ってほしいと思っています。






ブルペンでは、今シーズン悔しい思いをした選手や、1軍キャンプ初参加となる若ゴイ達がそれぞれの課題に向き合いながら、12人のピッチャー全員が投げ込みを行いました。






一方の野手陣では、出場機会を増やす為に複数ポジションへの対応が求められ、下水流選手がファースト、堂林選手がセカンド、外野の特守では坂倉選手、西川選手が廣瀬コーチの指導を受けていました。






西川:(外野)むずいっす。後ろの打球とかフェンスも気になるし、切り返しとかもそうですけど、まだまだ練習しないといけないなと感じました。






西川:いろいろなポジションを守れたら自分のためにもなると思うので、(外野守備に挑戦することは)いい事かなと思います。






2日目の今日も早出練習からスタート。ぞれぞれの選手がコーチと共に課題克服に取り組む中、昨日の早出では外野守備に挑戦していた坂倉選手が本職のキャッチャーで汗を流しました。







また、今日のブルペンには今キャンプで初めてお目にかかる仕組みが。ベース付近にカラーコーンが置かれ、その間には白い紐。






ピッチャー陣は紐の高さを超えないように低めに強いボールを投げる意識を持ちながら、投球練習を行っていました。






午後はあいにくの雨のため、屋内練習場へ。予定されていたローテーションメニューでバットを振り込むと、その後は特守で課題練習。最年長参加の下水流選手も充実の表情を見せていました。






下水流:ファーストに挑戦しているので、(キャンプ期間の)10日でモノに出来るとは思わないですけど、なにか形になればいいかなと思います。




── 広島ホームテレビ「みみよりライブ 5up!」(12日放送)より「安芸の者がゆく」が文字起こし及び意訳


【関連記事】
最近の記事