【特設記事】 カープ戦中継の放送予定と試合日程[1軍][2軍] | 順位表 | 公示 | 写真集・レポート一覧 | 遠征記録 | カープ関連特集・特番の放送予定 | 故障者情報 | カープ選手特集の一覧 | 現役引退・退団選手の進路 | ドラフト2017~交渉権を獲得した選手 | 契約更改 | 世代別選手一覧表 |

カープ公式戦チケットの一般販売について球団の取り組み

配信:2018年03月02日(金)14時38分 | カテゴリ:広島東洋カープ | タグ:カープ , 特集 ,


【カープ関連ニュース】
── NHK広島放送局の番組「お好みワイドひろしま」は1日、カープ公式戦チケットの一般販売を巡る問題について、カープ担当の記者が解説。
公式戦チケット
一般販売始まる

── ここからはカープ担当の坂梨記者とお伝えします。





── 坂梨さん、カープ公式戦チケットを求めてたくさんのファンが列を作って購入していましたね。

記者:球団史上初のリーグ3連覇、そして34年ぶり日本一を目指すチームへの期待感も相まって、マツダスタジアムで選手達を応援したいという人達が増えているのが要因の一つだと思います。




── ではまず、カープのチケットがどのように販売されているのか説明してください。

記者
:こちらが販売の一連の流れです。

記者:まずは年間指定席を購入している人が、それ以外の座席のチケットを(先行して)購入できます。

記者:続いてファンクラブの会員に販売。

記者:そして、3月1日から一般向けの販売が始まりました。一般販売となるチケットは全体の約4割と、この部分のチケット争奪戦が激しくなっています。





── チームの人気が高まるにつれてチケットの入手が難しくなると。でも今年から球団も対策をとったんですよね。

記者:はい。主催試合の入場者数は3年連続で200万人を超え、去年は過去最多となりました。

記者:そうした中で球場のスタンドを拡張する計画がない中、より多くの人に観戦してもらおうと、球団では今年からマツダスタジアムなど広島市内の二つの窓口で販売するチケットについては、購入できる試合の数を5試合までに制限しました。






記者:ただ、1試合の購入枚数に制限はありません。






── 1試合でみると、何十枚でもチケットを購入できると、そこに何か問題はないのでしょうか?

記者:一般販売の前の段階で販売されたチケットは、既にインターネット上で定価より高い値段で転売されています。





記者:また一般販売を巡っても、先月からマツダスタジアム前にテントを張って順番待ちをする人が相次ぎました。





記者:その中にはテントを張ったあと、その場所で待っていない人もいたため、先月20日に球団職員が合わせて35のテントを球場から撤去しました。





記者:さらにチケットを購入する時には整理券を持っていることが条件になるのですが、その整理券が配られる直前になって列に並んでいる仲間のところに割り込んでくるトラブルを防ぐため、おととい急遽、整理券を受け取るのに必要な別の券(確認券)を新たに配りました。





記者:また、販売日の今日は、並んでいる人に球団職員がタブレットを持って回り、最新のチケットの売れ行きを紹介する取り組みも新たに行いました。





記者:球団は「スムーズなチケットの購入に向けた対策を行った」としています。




── 今日の一般販売に向けて色々な動きがありましたが、並んでいたファンの反応はどうだったんでしょうか。

記者:今日については整理券を持っていれば夜を徹して並ぶ必要は無かったので、球場周辺が騒然としたという雰囲気はありませんでした。

記者:そうした中でファンからは様々な声が聞かれました。





── ファンからは今のチケットの販売方法について、やはり色んな意見があるんですね。

記者:まずは寒い冬に長期間、外で待ち続けないといけない販売方法が、果たして今の時代に合っているのかどうか。

記者:また、これをインターネットのみの販売にした場合、目当てのサイトに繋がらなかったり、抽選にしたら運に左右されて購入できないケースが出てきます。

記者:いずれも転売対策の抜本的な対応とは言えません。ですのでファンの方々からも多様な意見が出るのだと思います。



記者:球団のチケット販売責任者にも話を聞きました。


入場券部:混乱とかトラブルは、少なくとも今のところはないと思います。





入場券部:今回やったのを反省しながら、来年に繋げていくということになります。





入場券部:そこで同じ方法を取るのか、そうでないかというのは、変わってくる可能性もあります。






── これからも球団の模索は続いていくんでしょうね。

記者:公平にチケットを行き渡らせるための特効薬というものは、現段階ではありません。

記者:例えば1試合ごとに購入できるチケットの枚数を制限してしまうと、これまで可能だったある程度の人数(家族や親戚、町内会など)で一緒に観戦することが難しくなります。

記者:また、球団の取り組み以外にも、転売サイトのあり方など現状を踏まえて一つ一つ対応をとっていくしかないと思います。



── 今日から一般販売が始まったカープの公式戦のチケットについて、坂梨記者とお伝えしました。




── NHK広島放送局「お好みワイドひろしま」(1日放送)より
最近の記事