【特設記事】 カープ戦中継の放送予定と試合日程[1軍][2軍] | 順位表 | 公示 | 写真集・レポート一覧 | 遠征記録 | カープ関連特集・特番の放送予定 | 故障者情報 | カープ選手特集の一覧 | 現役引退・退団選手の進路 | ドラフト2017~交渉権を獲得した選手 | 契約更改 | 世代別選手一覧表 |

【カープ】緒方かな子さん「ガムシャラに諦めずに頑張る事がカッコイイと伝われば」/絵本を出版~物語は長女が担当

配信:2018年01月16日(火)18時23分 | カテゴリ:書籍情報 | タグ:カープ , 特集 , 緒方かな子(中條かな子) , 緒方佑奈 , [書籍]ぼくのヒーロー , 新刊情報 ,


【カープ関連特集】
── 広島テレビの番組「テレビ派」は16日、カープ・緒方孝市監督の妻・緒方かな子さんが出版した絵本「ぼくのヒーロー」を紹介。
緒方かな子さん絵本を出版
物語は長女・佑奈さんが担当

緒方さんが出版される絵本「ぼくのヒーロー」

カープを題材にし、挿絵を緒方かな子さん、物語を緒方さんの長女・佑奈さんが手がけました。


まず絵本の制作にあたって監督の反応はどうだったのでしょうか。

かな子さん:「いや、まぁ、頑張れば」みたいな。






── 緒方監督はいつもそんな感じなんですか?

佑奈さん:結構、放任な感じはしますね。





佑奈さん:受験の時とかも志望校を決める時に「お前の好きなようにしていいから、決まったら教えてくれ」といった感じで、決めた後で報告に行きましたね。



佑奈さん:本当に自由にさせてもらっているなと思います。




今回出版される「ぼくのヒーロー」は、主人公「ぼく」の視点から見たかっこいいカープ。





憧れのカープを、緒方かな子さんの書き下ろしの絵と共に作った絵本です。





そして、物語は長女の佑奈さんが担当しました。

一緒に絵本を作ることになったきっかけは一体なにだったのでしょうか。





佑奈さん:母の中でだいたいのストーリー、こういうものが書きたいというのは言われていたので、それを文字に出来ないという相談を受けたんです。

佑奈さん:私が一からストーリーを考えたわけではなく、お母さんの中にあったこういうものを書きたいという思いを私が文字にした形です。





── 文字に起こす難しさはありましたか?

佑奈さん:絵本なので文字数も少ないですし、母が本当にどういうことを思っているかというのを私がちゃんとくみ取れているかなというところが難しかったです。



── イメージ通りの物語になりましたか?

かな子さん:ハイ。なってます。



緒方かな子さんというと絵画で賞を受賞するほどの腕前をお持ちです。





今回、絵本の中でもその腕前を発揮し、選手の特徴をしっかりとらえて描かれています。





かな子さん
:選手達を絶対に崩してはいけないと思ったんですね。でも写真みたいに書いてしまうと絵本にもならないので、でも崩し過ぎるとせっかくの選手のカッコよさが崩れてしまうかなと思ったので。

かな子さん
:そこが難しかったですね。

かな子さん
:なので架空の人物の主人公とかは、すごく描きやすかったんですけど、選手になると「もっと素敵なプレーしてるのに迫力が出ないからどうしよう」とか。

かな子さん
:そういうジレンマじゃないですけど、描いててありましたね。




絵本のタイトルが「ぼくのヒーロー」ということで、佑奈さんにとってのヒーローは誰かと聞いてみると。

佑奈さん:ヒーローって、憧れとか自分を守ってくれるっていう意味もあると思いますし、ヒーロー自身が私自身を大切に思ってくれてるなと感じる言葉じゃないですか、それを全部感じるのはやっぱり「両親」だなと。






最後に、緒方さんがこの絵本に込めた思いを聞きました。

かな子さん
:カープの選手って本当に諦めないじゃないですか、その諦めない姿がすごいかっこいいと思っていて。

かな子さん
:ガムシャラに頑張るのは恥ずかしいと思う若者が多いと思うんですけど、実はそんなことはなくて、ガムシャラに頑張ることがかっこいいんだよということを伝わればいいなと思って。

かな子さん:カープの選手は一人一人頑張っていてかっこいいですし、できるからかっこいいんじゃなくて、諦めずに頑張っているからかっこいいので。

かな子さん:自分達も出来なくても頑張っていればかっこよくなれるんだよと。小さい子供達や若者に伝わればいいなと。





── 広島テレビ「テレビ派」(16日放送)より
最近の記事