【特設記事】 日程表(2017年11月) | 放送予定ファン感謝デー優勝パレード] | 契約更改 | ドラフト2017~交渉権を獲得した選手 | 今年最も話題を集めた選手 | 公示 | 故障者情報 | カープ選手特集の一覧 | イベントレポート | 応援の旅(遠征記録) | 必勝祈願の旅 | 世代別選手一覧表&年齢別選手表 |

【カープ】復活目指す赤松「生きていることに感謝」

配信:2017年09月06日(水)16時58分 | カテゴリ:広島東洋カープ | タグ:カープ , 特集 , 赤松真人 ,


【カープ選手特集】
── テレビ新広島の番組「TSSみんなのテレビ」は5日、胃がんからの復活を目指す赤松真人選手にインタビューした模様を放送。
赤松真人インタビュー
生きていることに感謝

赤松:はじめに動き始めた時よりは、まぁまぁ…形にはなっているんですけど、まだまだ筋量、筋肉の質というか、そういうのが戻ってきていないので。





赤松:まだまだ動けてはいないかなという感じです。





去年12月に胃がんが見つかり、今年の1月に胃の半分を切除。リハビリに励む今の思いとは。





赤松:当たり前にやっていた事が、当たり前ではなくなったわけで、言ってみれば野球以外の事で当たり前にしてきたこと、普通に朝食を食べるとか、子供達と遊ぶ事がすごく新鮮に感じました。



赤松:野球で言えば普通に出来ていたキャッチボールが出来なくなったり、上手く走れないとかありますけど、まずその前に普通に動ける、運動出来る喜び。



赤松:生きているという事への感謝の気持ちが強くなりましたね。





しかし、かつての自分と今の自分を比べ、苦悩する事もあるといいます。

赤松:昔の映像とかも見れますから、ああやって動けていたという感覚はありますし、そこに向かって頑張ってはいるんですけど。





赤松:ですけど、まずは生きている事が僕は重要だと思うんですよ。





赤松:実際にガンという病名を言われて、あの時にガンを見つけてもらっていなかったら普通に僕は死んでいたと思うんですよね。



赤松:だから今は「生きているのがラッキー」ぐらいの感じですし、もちろんベストのパフォーマンスでやりたいという気持ちはありますけど、いきなりベストには行けないので。



赤松
:しっかりと一から体を作り直して頑張っているので、以前の自分とのギャップは考えないようにしています。

赤松:僕が元気に明るく練習できる姿を見せれるように。苦しい闘病されている方に少しでも「赤松頑張ってるな。私も僕も頑張らないと」というものが芽生えて頂ければと思って。



赤松:そこが一番です。



赤松:家族のために復帰するというのもありますけど、僕はどちらかといえば一緒の病気、僕以上の病気をされている方に勇気を与えたいという思いが一番強いです。




── テレビ新広島「TSSみんなのテレビ」(5日放送)より「安芸の者がゆく」が文字起こし及び意訳・一部抜粋
ブログ村
関連記事
ブログロール
最近の記事
QRコード
QR