【特設記事】| 試合結果・今後の日程・予想先発 | 公示 | 故障者情報 | カープ選手特集の一覧 | イベントレポート | 応援の旅(遠征記録) | 必勝祈願の旅 | 世代別選手一覧表&年齢別選手表 |

【カープ】好調な打者陣を支える打撃投手~その仕事内容とは[広陵出身・1999年にドラフト5位で入団した佐竹健太さんの特集]

配信:2017年06月05日(月)19時48分 | カテゴリ:広島東洋カープ | タグ:プロ野球 , 広島東洋カープ , 特集 , 佐竹健太 ,


【カープ関連特集】
── NHK広島放送局の番組「お好みワイドひろしま」は先月31日、カープOBで現打撃投手・佐竹健太さんの特集を放送。
お仕事拝見!
打撃投手》編

試合のある日、カープの選手達は2時間ほどグラウンドで練習を行います。





その中でのメインメニューがフリー打撃。今日紹介するお仕事は、そのフリー打撃時に登板する「打撃投手」です。





カープには打撃投手が8人います。その一人が佐竹健太さん。今シーズンから新たにカープに加わりました。





佐竹さんは試合前、いつも4人の打者に対して約100球を投げています。





佐竹:(カープ打線は)12球団の中で一番いい打線だと思っています。





佐竹:それはすごく誇りに思いますし、投げ甲斐がありますね。





佐竹さんはカープOBです。広陵高校から社会人野球を経て、平成11年(1999年)にドラフト5位で入団しました。





ルーキーイヤーに22試合に登板すると、5年目には50試合に登板するなど、貴重な左のリリーフとして、カープに7年間在籍しました。





その後、佐竹さんは楽天に移籍し、引退後は打撃投手をしていましたが、古巣のカープで働きたいと考えていました。





佐竹:ドラフトで指名してくれた球団ですし、すごく感謝しているので、広島でサポートしたいというか、「カープに戻りたい」とずっと思っていました。





佐竹:それが実現して今は楽しいですし、充実しています。






佐竹さんは今、現役時代と大きく異なる状況で打者と向き合っています。その一つが投げる距離です。



通常のマウンドからは約2メートル手前。対戦相手の投手の球速に応じて、その距離は試合毎に微妙に変わっていきます。



さらにマウンドの高さをイメージしたこの台。選手に“より”実戦を意識してもらおうと、緒方監督が取り入れました。





距離が近く、高いところから投げると、投げる位置を一定にするのが非常に難しくなります。





投げ終えた後は外野で球拾いです。





実はこの時間が非常に大切だといいます。選手からコースや高さをリクエストされることはないため、打球方向などを把握して、自分が投げる時の参考にする必要があるからです。





佐竹:現役を上がって、最初は「打たせればいい」と簡単な考えで思っていたんですけど、やっぱりやってみたら色々と難しい部分がありました。





佐竹:球筋、コース、速度、角度も考えますし、色々と打者によっても違うので。





カープに戻って約4カ月、佐竹さんは豪快なスイングが持ち味のエルドレッド選手の特徴も分かってきました。



エルドレッド選手は、練習では意外にもコンパクトなスイングで逆方向への打球が目立ちます。打者が狙う当たりを打てるように、そのコースに投げ続けられるかが打撃投手の腕の見せ所です。



佐竹:(エルドレッド選手は)最も手が伸びるゾーンが打球も飛ぶし、気持ちよく打っているので、そこを中心に目標にして投げています。






一方のエルドレッド選手は、佐竹さん達と信頼関係を築けていることも今季好調の理由の一つだと考えています。

エルドレッド:打撃投手と楽しんで練習をしようと思っています。





エルドレッド:いいボールを投げてくれた時でも「今日は酷かったよ」と言っています(笑)





エルドレッド:冗談が言い合える良い関係です。





チームの練習が終わると佐竹さんはバックネット裏に移動。試合中はスコアラー業務と言われる仕事に取り組みます。



その役割は、投手が投げた球種や球速を記録してマイクで別のスタッフに伝える事です。これが相手投手の攻略への貴重なデータとなっていきます。



佐竹:カープに来るまでやっていなかったので、こっちに来てバックネット裏でやるようになって、色んな事が発見できたというか、状況も分かるようになりました。





佐竹:打者の感覚というか、投手に対して見える部分も出てきましたし、そういう部分でも楽しくやらせてもらっています。






リーグ連覇、そして日本一に向けて陰ながら好調な打線の支えになりたい。佐竹さんは打者に気持ちを込めたボールを投げ続けます。

佐竹:いい打球というか、自分が納得する打球を打ってもらうことが一番だと思いますし、打者が気持ち良く試合に行けるように、そこをすごく考えています。





佐竹:チームは去年、日本一を逃したので、今年こそは日本一になれるように、少しでもサポートというか、手助けができればと思います。





── NHK広島放送局「お好みワイドひろしま」(5月31日放送)より「安芸の者がゆく」が文字起こし及び意訳・一部抜粋


【関連記事】
ブログ村
関連記事
ブログロール
最近の記事
QRコード
QR