【特設記事】| 試合結果・今後の日程・予想先発・中継予定 | 放送予定(関連番組・特番) | 2軍情報 | 公示 | 故障者情報 | カープ選手特集の一覧 | イベントレポート | 応援の旅(遠征記録) | 必勝祈願の旅 | 世代別選手一覧表&年齢別選手表 |

【カープ】安部とノムケンが対談「僕が監督だった時はそんな質問してこなかった」

配信:2017年02月14日(火)11時00分 | カテゴリ:広島東洋カープ | タグ:広島東洋カープ , carp , 特集 , 安部友裕 , 野村謙二郎 ,


【カープ選手特集】
── 広島テレビの番組「進め!スポーツ元気丸」は12日、カープ・安部友裕選手と野村謙二郎さんの対談を放送。
勝負の10年目!
安部×野村 対談

野村:お疲れ。


安部:お疲れ様です。






野村:去年、1年間ずっと1軍にいたけど、初めて?


安部:初めてです。




去年の成績


野村
:33打点。印象としては良いところで打った印象なんだけど、自分ではどう?


安部:良いところで打てたか分からないぐらい必死でした。新井さん、誠也、丸と打点の多い人のインパクトが強すぎて、自分がどれくらい打てたかは分からないです。





野村:打順からすると、新井、誠也でランナーがいなくなっちゃって、打者としては一番盛り上がってる中で打席に入らないといけなくて、嫌だったろうね。

安部:難しかったです。




キャンプのテーマ


野村
:今年で10年目だけど、キャンプのテーマは?


安部
:左投手相手でも試合に出たいと思っているので、メインは打撃になると思います。




去年の課題だった対左投手

野村
:データがあるんだけど、左投手相手だと打率が悪いんだよね。左投手の時はスタメンが少ないというのもあると思うけど。




安部:左投手の外の球を外に打とうというのはあるんですけど、クセで左肩を下げながらラインを出してしまって、合わせる打撃になってしまうんです。

野村
:外の軌道に対して軌道を出そうとして、逆方向に打とうとすると、左肩が下がってファールになってしまうと。




キャンプで取り組む
左投手の克服


野村:対策は考えてる?


安部
:東出さんに「左投手を多く当てる」と言われて、対戦させてもらっているんですけど、他にもマシンであったり、左の打撃投手相手の時には、徹底的に逆方向に打ち返す事を特に意識しています。




激戦区の三塁手
更なるレベルアップへ


野村
:サードでは安部が一歩抜けているなとは俺も思ってるけど、小窪、梵、メヒア、新外国人のペーニャがいるよね。





野村
:ここを克服すれば「サードでいける」というのはある?


安部:「守備」です。




野村:俺のイメージでは去年は良くなったと思って見ていたけど。


安部:良くはなったんですけど、球際に弱かったりしたので。




今シーズンの目標


安部
:とにかく試合に出る事です。全試合出たいです。レギュラーを獲るという気持ちで、出塁率を4割近く残したいと思います。






対談終了


野村:どうもありがとう(ご機嫌)


安部:ありがとうございました。






スタジオ


── 安部はもう10年目なんですね。

野村
:そうですね。インタビューさせてもらって一つ感じたのは、彼は守備を克服したいと言いましたよね。





野村
:元々、安部という選手は、打つ事にすごく力を入れる選手だったので、一つ成長したなと感じました。

野村
:それとサードというポジションは、候補の選手の名前がたくさん出るくらい激戦なんですよね。

野村
:その中では左投手を打たないといけないというのと、守備の確実性を目標を掲げたというのは、考え方を含めてレギュラーに近づいている気がします。

野村
:それと、VTRにはなかったんですけど「左をどうすれば打てますか」「どういう意識で打席に立っていますか」と質問されて5~6分ぐらい話をしています。

野村
:僕が監督をやっている時にそういう質問はなかったんですけど、すごく聞かれましたね。




── 去年の活躍で一皮むけて、レベルアップしたのは間違いないと。

野村:そうですね。守備の話が出たということは、打撃に関してはすごく自信を持っていると思いますし、それなら何を求められているかという部分で、守備の確実性、出塁率への意識を持っていることはすごく感じました。


── 広島テレビ「進め!スポーツ元気丸」(14日放送)より「安芸の者がゆく」が文字起こし及び意訳・一部抜粋
ブログ村
関連記事
ブログロール
最近の記事
QRコード
QR