【特設記事】 日程表 [1軍] [2軍]| 今週の放送予定と予想先発 | 公示 | 故障者情報 | 放送予定(関連番組・特番) | カープ選手特集の一覧 | イベントレポート | 応援の旅(遠征記録) | 必勝祈願の旅 | 世代別選手一覧表&年齢別選手表 |

【カープ】連覇へ!進化を誓う菊池涼介

配信:2017年02月13日(月)23時46分 | カテゴリ:広島東洋カープ | タグ:広島東洋カープ , carp , 特集 , 菊池涼介 ,


【カープ選手特集】
── RCCテレビの番組「Eタウン・SPORTS」は11日、カープ・菊池涼介選手の特集を放送。
進化誓う菊池涼介

菊池涼介、心を砕く右打ち

2016年は繋ぐ打撃に重点を置き、バントをしない2番打者として球界にインパクトを与えた菊池涼介。





犠打の数は前年の半分以下になったものの、進塁打を意識しながらリーグ最多の181安打をマークしました。





昨シーズンを振り返って


菊池
:新しい自分で戦いました。





菊池
:進塁打に力を入れたことがなかったですし、積極的なスタイルが持ち味なので難しかったですね。






1年前のキャンプ。菊池は2番打者として、ランナーをすすめる右打ちを徹底して練習していました。



シーズン中もこのスタイルを継続する事で、新たな境地が開けてきたといいます。



菊池:新しい自分で昨シーズンを戦って、新しい発見ばかりでした。





菊池:苦しかったですけど、充実感あふれる自分がいたので、また新しい世界が見えた感じですかね。





── 進塁打を打つ事でどう打撃が変わったんですか?

菊池:どう変わったんですかね(笑)

菊池:分からないですけど、僕が変わったというよりは、みんなの意識が「チームの為に」となったのが、一番変わったところだと思います。






右打ちはランナーを進めることが第一目的ですが、この意識が彼の野球観を高めてくれました。





菊池:野球を知らないで入ってきたと言われて、ずっと練習をやってきたので。





菊池
:頭で分かっても体が動かない子もいれば、体は動くけど頭の中では「なんでだろう」となる子もいると思うんです。

菊池:僕は言われただけで分かる感覚のタイプなんですけど、入った時は全てが新鮮で、覚えることが多くて頭がいっぱいになりました。






菊池
:記憶力もないので、サインとかいっぱいあるじゃないですか、「大学時代はそんなサインは一つもなかったけどな」っていうことばかりでしたし。

── エンジョイ・ベースボールと書かれているだけですもんね。

菊池:そうなんです。「打て」か「走れ」しかないですから。





── でもそれが面白くなっている部分があるのでは?

菊池:野球は深いですからね。6年目になりましたけど、毎年新しい発見があったり、こういうことをしようとか、シーズン中にいっぱい出てくるので。





菊池:その中で、打撃コーチだったり守備コーチだったりが、対策とかを練ってくれて、僕らにこうしろああしろと言ってくれるので、本当に毎年勉強になります。



連覇へ進化を誓う菊池涼介


バントをしない2番打者として、去年リーグ最多安打を記録した菊池涼介。彼はその要因となった右打ちの精度をさらに高めようとしています。





── かなり考えてやられていると思いますけど、どのあたりを一番考えていますか?

菊池:昨季、最多安打のタイトルを獲りましたけど、僕の中ではたまたまというか、エンドランや右打ちのサインが出たりして、進塁打を打たないといけないところで、たまたま抜けてくれた打球の方が多かったと思います。





菊池:そこの確実性を追求していくじゃないですけど、去年はなんとなく右方向に打っていたんですけど、このままではマークも厳しくなって打てなくなると思うので、確実に打てるように練習あるのみです。






一方、守備の面では抜群の感性と身体能力で鉄壁の守りを誇りますが、超えるべき壁は意外なところにあるといいます。





菊池:横から新井さんが出てくるので…。





菊池:明らかなセカンドゴロを追ってくる事が多いんですよ。それでギリギリ捕れるか捕れないかのところでグローブに当てて、僕が捕れなかったり。





菊池:逆に「絶対にファーストだろ」という打球を任されたり…。





菊池:それは捕れないんで…。逆じゃないですか、そこが新井さんなんですよね。

菊池:新井さんも「(判断に)困る」「難しい」と言われてますけど、僕も難しいです。




23日からWBC日本代表に合流

WBC代表招集まで約2週間。菊池は愛するチームとの時間を大事にしながら、世界の頂点に挑みます。





菊池:小久保監督にも「しっかりとした準備をしてきてくれ」と言われているので、ベストコンディションに整えて、世界一を獲るために頑張りたいと思います。





菊池:チームから結構な期間離れるので、帰ってきた時にチームがどういう状態か不安もありますけど、そこからまたしっかりコミュニケーションを取りたいですね。





菊池:まぁ、新井さんがいるので安心してますけど(笑)





菊池:まずは体を作って、ケガをしない1年にしたいと思います。




── RCCテレビ「Eタウン・SPORTS」(11日放送)より「安芸の者がゆく」が文字起こし及び意訳・一部抜粋
ブログ村
関連記事
ブログロール
最近の記事
QRコード
QR